忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




スポンサードリンク


2017/10/23 20:41 |
亡き王女の為のセプテット mp3
亡き王女の為のセプテット メタルアレンジのmp3をMUSIC2にてあげましたので
欲しい方は↓からどうぞ。ニコニコに上げたものより高音質です。

http://sound.jp/astray/

さて、これだけだと記事が寂しいので少しこの曲をついてコメントでも書きますかね。

まずイントロ。あそこまで激しくする必要もなかったかもしてませんが、聞いた瞬間から「おーメタルだねぇ」みたいな感じにしたかったのでああなりました。左右でドリルピッキングがずっと続いていますが、このフレーズを録ってる時はだんだん筋肉痛になってきていましたw
速さ的にも自分が安定してできる限界ですねあれは。

つぎにAメロ。普通にメロディ弾いている裏で、6弦スウィープを初めて曲でやってみたっていうことが聴きどころといえます。あと、1回目のAメロが終わったあとのところのタッピングフレーズ(?)はちょっと難しかったですね。あのキーボードで弾いてるようなフレーズ。実はギターなのですよw
ってゆうか今回はギター・ベース・ドラムのみのシンプルな構成なんですけどね。原曲をなるべく再現するためのギターの活躍っぷりが異常ですw

つぎにBメロ。ずっとバスドラが8分でなっているのは原曲にそっているためです。他の打楽器は自重してないですがw地味にベースのリズムキープが難しいところではありました。

そしてサビ。ここで自分のヴィブラートが以下に下手なのかを思い知らされるはめにw
原曲ではシンセはなめらかに流れているところなのですが、ギターでそれをやると感情がないただのメロディになってしまうので、なるべくヴィヴラートを付けるべきなのでそうしました。ただ、それによってリテイク数が半端ないことになってしまいましたがw

そしてギターソロ。自分も東方アレンジは結構聞くほうなのですが、原曲のピアノソロを再現しているものというのはなかなかなく、あったとしてもピアノでやっているものだったり、とくにメタルアレンジ界隈ではギタリストが自分のフレーズを弾いているものしか見受けられず、不満におもっていました。あれをギターで完全に再現できたらすごいだろうなぁと常々おもっていました。そして今回自分でチャレンジしてみたというわけですw
結果としては、9割再現できたかどうかってところだと思っています。やはり原曲がゲーム音楽ということもあって、いきなり32分音符になるところの再現はできませんでした(´・ω・`)
この曲をつくるのにかかったテイクは、4000テイク以上にも及んでいますが、そのうちの7割くらいはこれに費やしています。それだけやっても完全再現はできなませんでした。悔しい(´・ω・`)
でも、自分の知っている中で、あのピアノソロをギターでここまで再現できた方はいないです。知らないだけでいるのかもしれませんが、「この曲の方がおまえのより完璧に弾けとるわい!」みたいな曲があったら教えていただきたいですw
まぁなんにせよ、自分のテクニックの限界みたいなのが知れたことはいい経験でした。再現できれば偉いってわけでもなんでもないんですけどね。

それでまぁ、今回の曲は全体的にテンポや曲構成、ループ仕様なども原曲に沿ってつくってみたわけなんですが、自分としては納得出来るぐらいの出来になったのでよかったです。

PR



スポンサードリンク


2010/07/18 19:54 | Comments(0) | TrackBack(0) | 音楽

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<今日のリフ その12 | HOME | 亡き王女の為のセプテットをメタルアレンジしてみた>>
忍者ブログ[PR]